笠間焼 藤田陶房blog

fujitam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夜空

今日は、宮澤賢治生誕120周年を記念したプラネタリウムでのコンサートでした。
ご来場下さった皆さま、ありがとうございました。

今回は星空にまつわる作品を中心にプログラムに。

今時期の夜空はとっても綺麗。

我が家は静かな地域にありますので、
夜空を見上げれば、星や月がよく見えます。
冷たい空気、澄んだ空、葉を落とした木のシルエット、濃紺の空、星、月。
全ては完全で美しいと感じます。

頂いたお花をさっそく花瓶に。
f0239111_21422671.jpg


花器(作 : 藤田 稔 )
f0239111_21422769.jpg




by fujita_toubou | 2016-12-17 21:04 | Comments(0)

本格的に冬らしい寒さになってきて、
一層空気の乾きが増したように思います。

ふらりと買い物をしていたら、
飴らしかぬ価格の飴を見つけました。
なんと一袋1,600円!
f0239111_13212194.jpg


プロポリスが苦手な方は難しいと思いますが(特有の香り、ピリピリして、そして舌がしびれる気がします)、甘さは控えめで飴が苦手な私は逆になめやすく、
なにより、なんだかすごく効きそうな成分とこのお値段。
インフルエンザ予防と喉のケアを兼ねて買ってみましたが、喉の具合が良いような気がしています。

明日はオカリナとクリスタルボウルを演奏されるFelicitaさんのワンコインコンサートに参加させていただきます♪
クリスマスキャロルを二曲歌う予定です。
そして、クリスタルボウルの癒しの音、振動を皆さんにもぜひ体感していただければと思います。
キッズスペースがあり、お子様もおもちゃの楽器を一緒に演奏できるコーナーもありますので、お近くの方は是非いらしてください。

fujita.toubou@gmail.com

f0239111_13212264.jpg

f0239111_13212286.jpg



by fujita_toubou | 2016-12-10 11:40 | Comments(0)

ぐりとぐらのカステラ

小さい頃大好きだった絵本『ぐりとぐら』

料理することと食べることが大好きなのねずみのぐりとぐらが、森で見つけた大きな卵で、朝から晩まで食べてもまだ残るくらいの大きなカステラを作ることに。
カステラを焼いていると、森中の動物が集まってきて、最後はカステラを皆で分け合って食べる、というなんとも可愛らしいお話し。

そんなぐりとぐらのカステラのレシピが
福音館書店のHPにのっていたので、我が家の陶器のフライパンで作ってみました。

フライパン 約18cm (作:藤田 理子)
f0239111_00242398.jpg


文明堂のようなカステラとはちょっと違うけれど、
ココナッツシュガーで作った茶色のカステラはふわふわで素朴で優しい味わい。
(福音館書店のレシピはグラニュー糖で作る黄色いカステラです)

f0239111_00242499.jpg


お菓子は、ちょっと気を抜いたり、
慌てたりすると、大抵、失敗したりいまいちな仕上がりになったりします。

ひとつひとつの作業を愛をもって丁寧に。
それを重ねておいしいものが出来上がるのだな〜

by fujita_toubou | 2016-12-04 23:30 | Comments(0)