笠間焼 藤田陶房blog

fujitam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

手紙

先日、自宅&工房にいらしてくださったお客様から、お手紙を頂きました。

藤田陶房の陶器を使っての食卓の写真が添えられていて、
素敵な心遣いのお便りでした!

f0239111_22183113.jpg


※以下3点が藤田陶房の作品です
バーニャカウダポット
タジン鍋
炭化 ふたもの(写真では、パンを入れて使用していただいてます!)

こんな風に、喜んで、しかも素敵に使っていだだいて、
うれしい限りです。


またみなさんで遊びにいらしてくださいね060.gif
by fujita_toubou | 2012-02-26 22:25 | その他 | Comments(0)

チェロ

以前、このブログでもご紹介した、小さなお地蔵様。
水戸市在住の小林さんの作品です。

私の高校時代の友人のパパさんなのですが、
先日、新しい作品のチェロをプレゼントしてくださいました060.gif

丸みのあるなんともいえないラインが好きです。


お地蔵さま同様、こちらの作品に関するお問合せも
藤田陶房までお気軽にどうぞ。


f0239111_16302797.jpg



f0239111_16314290.jpg

by fujita_toubou | 2012-02-19 16:36 | 作品 | Comments(0)

バーニャカウダ

とってもひさしぶりの更新です。

更新しない間も、アクセスしてくださった皆さん、ありがとうございます。
また、マイペースに…ではありますが、更新していきますのでよろしくお願いいたします!

今日は新作のご紹介です。

バーニャカウダポット( 作 : 藤田 理子  )

土鍋同様、耐熱の土で作っていますので、直火もOKです。
写真にはありませんが、ロウソクを入れるケースがついていますので、
それを下の台の中にセットして保温しながらお使い頂けます。

チョコレートフォンデュにもぴったり。

f0239111_14451371.jpg


バーニャカウダソースは、
オリーブ油、アンチョビ、にんにくを煮立てて作るソースのこと。

イタリア料理の前菜の定番で、ピエモンテ州の郷土料理です。
“ バーニャ ”はソースの意味、
“ カウダ ”はピエモンテ風カルダ(calda:訳/温かい)が訛った言い方
なので、名前の通り、「温かいソース」という意味。

温かいソースに、好みのお野菜をつけて食べる、いわば野菜のオイルフォンデュです。

これにワインがあれば最高です016.gif
by fujita_toubou | 2012-02-19 15:09 | 作品 | Comments(0)